BLOG

自動外観検査の「夢と現実」

自動化が進んだ工場において、明らかに自動化が進んでいない外観検査工程。
多くの製造業にとっては、外観検査の自動化は間違いなく「夢」の技術だと思います。
実際、20年以上前から、産学官で研究開発が進められてきました。
そして、多くの外観検査装置が開発され、現場に投入されてきました。
ここまでは間違いなく事実です。
ただそれらの外観検査装置の現実は・・・
稼動しているものもあるとは思いますが、伝え聞くのは「満足いくレベルではない」というものばかり。
何時間もかけて設定しなれればならないものなら、人がやった方が早い。
検査できない項目があれば、結局、全数検査をやりなおさなければならない。
目視担当者は削減できたが、検査装置を扱えるスキルの高い人が必要になった。
投資を考えると、人海戦術でやった方が・・・。
今でも自動外観検査は「夢」の技術なのです。
大手企業を含め、「もう夢ではない」ようなキャッチで広告宣伝を行っています。
「会社の方針」だから仕方が無いのかもしれません。
しかし、
検査装置の開発者も
検査装置の営業担当者も
検査装置のメンテナンス担当者も
検査装置を日々運用する現場の方も
もうみんな気づいているような気がします。
ほんとうに「夢」であることを・・・
メーカーは「夢」を売り、ユーザーは「夢」を買う。
それがこの業界の現在・・・。
しかし「夢」の売買は、それに関わる人を確実に疲弊させます。
メーカーは「夢」を「現実」にして、ユーザーに示すべき。
ユーザーは「夢」であることを意識し、「現実」を判断すべき。
そうしないと、無駄な投資が繰り返され、製品の品質の悪化も招きかねません。
たぶんこんなことを言うのは私だけだろうとは思います。
でも誰かが声を上げないと・・・

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。