BLOG

IPF2008に行ってきました

11月7日から幕張メッセで行われておりますIFP2008 国際プラスチックフェアに行ってきました。
今回、ユーシン精機様のブースで樹脂成型品の成型、取り出し、外観検査、振り分け収納のデモンストレーションにおいて、FlexInspectorをご採用いただき出展させていただきました。
装置の振動、チャックの傾きなどの影響があり、ときどき虚報、さらにごく稀に黒点という状況で、初日はほぼ安定稼動しました。良品率として95%ぐらいでした。
補足ですが、FlexInspectorの検査手法は
OK=良品と確認されたもの。誰が見ても良品。
NG=良品と確認されなかったもの
であり、今回のデモにおいて振動や傾きによりNG判定されたものは、「良品と確認できなかったもの」になります。通常の運用においては、これらは目視による確認を行うことになります。
ユーシン精機様においては、今回がはじめてのFlexInspectorの出展です。
にもかかわらず説明員の方々は、しっかりご理解いただき自分の言葉で説明されておられました。
安心してお任せして帰途に・・・。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。