займы онлайн
BLOG

「日本品質」の危機

ものづくりの外観検査のありかたを見直すべき。
資源を投入し、一生懸命作って、

最後に訓練された目視検査員が、一生懸命検査して、

細かな傷を見つけて、不良品として破棄する。

その多くは機能上はなんの問題もない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。