займы онлайн
BLOG

“良品とほぼ同じ”を検査する自動外観センサ「FIS-100」

目視検査の自動化を検討する際に「目視検査同等」が求められることが多いが、その実現は容易ではない。

一方でグローバル市場においては、厳しく外観を検査された高コストな製品は求められていない。

自動外観センサ「FIS-100」において、簡単な操作で「良品とほぼ同じかどうか」を検査することで、クレームにつながるような欠陥は確実に検出でき、また良品との違いを定量化することで過剰品質をコントロールできるようにした。

クレームゼロ・過剰品質緩和・コストダウン。考え方を変えれば目視検査の自動化は難しくない。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。