займы онлайн
BLOG

「ピンポン方式」について

%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%83%b3

10/5からインテックス大阪で開催される関西機械要素技術展で、
ピンポン方式
という外観検査の効率化手法(特許出願済)を出展します。

これは、

  1. カメラで撮像&検査を1秒に10回以上繰り返す。
  2. カメラの下に検査対象物を置いたとき、良品と同じであれば「ピンポン!」と音が鳴る。

というシンプルなものです。

よくお客様から「客先から画像検査を指定されて検討している」という話を伺います。
その真意はコストダウンではなく、確実な検査(大きな見逃しがない)ではないでしょうか。

コストダウンと考えれば、省人化→自動化→供給排出機構も付いた設備、となります。
ところが、そのような機構一式で考えると、かなりの初期投資が必要になります。
さらに設定の手間など想定外の運用コストも膨らんで、ということさえあります。

ピンポン方式のポイントは、

  • 供給排出は人がやったほうが手っ取り早い
  • 検査はカメラを用いて、早く確実に行う
  • 初期投資は極力抑える
  • 基本的に1面だけ それでよければ

というものです。

  • 検査員の作業速度は2~4倍になる。
  • 高齢者、障がい者、外国人労働者、アルバイト…
    置くだけで誰でも安定した外観検査ができるようになる。
  • 数がまとまるようであれば、そこではじめて自動化を検討すればリスクもない。

イノベーションって、きっとこういうことなんだろうな・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。