BLOG

関西機械要素技術展 雑感

関西機械要素技術展が終わりました。

弊社ブースにお立ち寄りいただきました皆様、ありがとうございました。

 

以下、雑感です。

結構、あちこちでロボットが動いていました。時流なんでしょうね。

私たちも「ロボットを使えば人のように全面検査できる!」とロボットに取り組みました。

そして痛感したのは「ロボット、遅い!」でした。

よくて、人と互角。

今回の展示されていたロボットを見ても、人がやったほうが早いような、と思うことが多く。

確かに、労働人口が減っていく、作業の確実性が上がる・・・

などの利点はあるものの、まさに今、大きな投資をして、「1人削減できました!」みたいなことは・・・

ロボットでなければいけない理由、それが必要でないかと思います。

そういう意味で今回展示させていただいた歯車検査装置、「早い」もありますが「うまい」と。

人では不可能な検査速度を実現。

ロボットの自由度、正確さを活かす。

動作が遅いロボットはできるだけ動かすべきでない。

あれこそ「ロボットでなければ」だし「投資効果抜群」だし。

肥えてしまった目で見るとどうしても「それってロボットが必要?」と感じてしまいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。