займы онлайн
BLOG

検査速度の考え方 2

検査速度を考える上で、カメラの能力も当然影響します。

カメラを選定する際は、ポイントとして「画素数」「ピクセルサイズ」「フレーム・レート」等を確認します。

弊社がよく利用するエリア・カメラは、インターフェースがGigE(LAN)のものが多く、

その仕様書には、例えばフレーム・レートが30fpsと書かれています。

このfpsとは何かというと

Frame per second の略で

1秒間に何枚の画像が生成されるかを示します。

つまり30fpsとは、1秒間に30枚の画像(画素数1296x966)を作ることができるということになります。

1秒間に30回の分割撮像は可能だともいえますが、

もっと高速に多分割で撮像したいということですと、

インターフェースがUSB3.0のものを使用することになります。

最近では751fpsという強力なものもあります。

http://linx.jp/basler/aca640-750um

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。