BLOG

検査速度の考え方 3

高速で動いているものを検査する際は、

いかに鮮明な画像(ブレがなく明るい画像)を取得できるかが鍵となります。

もう少し具体的にいうと、

露光中の移動距離を1画素未満にすること

がポイントになります。

 

経験上、目視検査の限界は、おおよそ1画素30μmです。

まずこの30μmがぼやけないようにすることを考えます。

 

そして、長さ100mmのものを1.0秒で検査したい場合を例とします。

 

搬送速度は100【mm/s】となりますので、

画ズレ許容幅30【μm】÷搬送速度100【mm/s】=露光時間0.3【ms】

つまり、露光時間を0.3【ms】(1/3,000秒)として、

明るい画像が取得できれば、検査が出来るのではないかと考えます。

 

逆に、明るい画像が取得できないという理由で、

露光時間を1.0【ms】(1/1,000秒)に固定した場合、

露光時間1.0【ms】×画ズレ許容幅30【μm】=搬送速度30【mm/s】

つまり、搬送速度を遅くしないと画像がぼやけることになります。

 

最初にポイントとして挙げた、

「露光中の移動距離を1画素未満にする」を整理すると、

露光時間を短くする

搬送速度を遅くする

と、もう一つ可能であるならば

1画素分解能を大きくする

以上3点を考えていくことになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。