займы онлайн
BLOG

検査速度の考え方 4

外観検査においては、コントラスト(濃淡/白黒の差)がはっきりした画像が必要となります。

 

高速で動くワークを検査したいときは、

常時点灯のLED照明では、光量が不足して全体的に暗く、

コントラストがはっきりしない画像になることが懸念されます。

 

この場合常時点灯に変えて、ストロボ発光を考えます。

 

ストロボを使用した場合は、そのストロボの発光時間=露光時間となります。

発光時間に加えて、照明電源の光量も重要なポイントですが、

余程高速でない限りは、通常のLED照明で対応が可能かと思います。

 

なおCCS社の新製品は、従来のLEDの約1/10の発光時間で同等の撮像画像を

実現しています。

CCS社 パワーフラッシュLED 動画

※発光時間 500μm(0.5ms) → 50μm(0.05ms)

 

当初、弊社はキセノン照明(ストロボ発光)を使用して超高速歯車検査を行う予定でしたが、

このLED照明を使用しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。