займы онлайн
BLOG

樹脂成型品の外観検査

本日、ある樹脂成型品の会社にデモ機を持参して行ってきました。

形状は円筒状で天面・底面・側面を360度というのがご要望です。

まずは側面が安定して検査できるかを検証して、ご納得頂くことが主目的で、

回転ステージを準備して訪問しました。

 

基本的に良品が安定していれば、目で見えるようなNGを判定するのは容易です。

ただし「良品の安定」も、お客様の認識と、ソフトウェアの認識と結構違います。

この辺りの感覚をお客様にもご理解頂いて、

NGとして検出したい「ガス焼け」や「ゲートかす混入」が

本当にソフトウェアで検出できるのかどうか?

その判断をしてもらいます。

 

製品の傾向はつかめたので、

打開策もお伝えしました。

 

1週間程デモ機を使って

ある程度個数を流してもらって、

その結果で御判断頂きます。

 

導入後に使えないというのが一番困るので、

可能性があるものは、こういう方法で進めています。

 

それがOVIT WAY です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。