BLOG

検査精度について ⑤

ピンポン方式に使用した30万画素カメラだと、

どうしても小さいワークにしか対応できません。

 

もっと大きいワークに対応するためには、

130万画素、200万画素、500万画素カメラを

利用していきます。

 

それ以上の高解像度カメラも存在しますが、

コストとの兼ね合いもあり、

弊社の場合は、ほとんど使用しておりません。

 

例えば200 × 200 【mm】の対象物の検査を考える場合、

最少検出サイズにもよりますが、

基本的には、

500万画素カメラでの分割撮像/検査を考えていくことになります。

 

1画素分解能を30μmとした場合の500万画素カメラの視野範囲は、

76 × 61 【mm】

よって、

200 × 200 【mm】の対象物であれば、

水平方向で3回、垂直方向で4回、

計12回の分割撮像/検査が必要だと考えます。

 

大きい対象物は、タクトタイムもコストもかかりそうだということが

イメージ出来るかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。