займы онлайн
BLOG

鋳物の打こんの検査

鋳物の検査はニーズが非常に多い。

ただ微妙なNGは判別がしづらいのが事実。

 

実際に目視検査員は、ワークを傾けながら検査を行っている。

ということは、

1.照明は一方向からにしてワークを傾けて何度も検査する。

2.色々な方向から、照明を切り替えながら検査する。

そのどちらかしか判断できないと考えられる。

 

実際に2のケースでトライしてみたところ、下記の画像が得られた。

参考までに投稿させて頂きます。

123

45678

 

8方向から照明を切り替えて得られた画像です。

ここからどうやってOK/NGを分けるかが課題ですが...

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。