займы онлайн
BLOG

NG箇所が見えればいいと言う訳でもない

外観検査はNG品の流出を防ぐために行うものなので、

NG箇所がカメラに映るように工夫するのは当然です。

ただし、NG箇所以外のOK箇所も鮮明に映るようだと

OKとNGの線引きが難しくなってきます。

 

ですので単純にカメラの解像度を上げれば良いと言う訳でもなく、

照明に工夫を加えることはもちろん、

あえてカメラの解像度を落とす場合もあります。

また画像をぼかす場合もあります。

そうやってNG箇所だけがなるべく映るようにすべきです。

 

NG箇所がよく見える

とは

OKとしたい箇所もNGのように見える

 

ということを意識しておきたいものです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。