BLOG

比較検査以外の検査について

大量に同じ製品を生産し、かつ、それがいつも安定した形状であれば

比較検査が最適な検査方法です。

ですので最初にご提案をさせて頂く際は、比較検査以外の検査方法はあまり説明いたしません。

 

しかし素材の性質や工程上、出来上がりにバラつきが多い製品というのもあり得ます。

そのような場合、タッチアップ(動的二値化)という検査方法なども用意しております。

 

また寸法計測機能も標準としてFIS-100に織り込んでいます。

 

お客様の要望を採り入れながら進化を続けていますので、

具体的な課題やご要望など、お気軽にお問い合せください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。