BLOG

目視アシスト ピンポン方式最新動画アップ

500万画素GigEカメラを使用したピンポン方式の動画をアップしました。

 

低コストで高速検査 ピンポン方式 5MカメラVer.

 

従来の30万画素カメラに比べて、より視野サイズを大きく取れるメリットがあります。

 

ピンポン方式は、ワークの供給排出を人が行い、

OK/NG判定はカメラとソフトウェア(FIS-100)が確実に行うというものです。

 

バーコードリーダーのように、

ずっとカメラが検査している状態なので

ワークをカメラの下に持ってくるだけで

検査が完了して

OKならばピンポン♪と音が鳴ります。

 

検査開始用のボタンを押したりしていると

時間がかかりすぎます。

 

だからピンポン方式なのです。

 

簡易な構造なので低コストです。

 

少量多品種、製品のライフサイクルが短い時代に、

専用外観検査装置を導入するのは

はっきり言ってリスクです。

 

移動手段で例えていうなら、

 

目視検査『徒歩』

専用外観検査装置『四輪車』

 

このピンポン方式

『自転車』

いや

『電動アシスト自転車』

くらい

 

しかも

事故が起きません(クレームが出ない)

 

いきなり四輪車乗ると、

事故になる危険がありますので

充分気をつけて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。