BLOG

人が検査する時と同じ照明条件にする

用途に応じて適切な照明条件が変わってきますが、

その照明の選択は、経験者でないとなかなか難しいものです。

 

肝の部分はこのブログでも何度も触れていますが、

人が検査する時と同じ照明条件にする

ことが基本かと思います。

 

見たい欠陥が見えないからといって、

照明を近づけたりしたら余計見えないですし、

光量を上げて余計に見えなくなることがあります。

 

自然光でよく見えるような欠陥であれば、

照明なしでカメラの露光時間を上げて検査した方が

よく見えたりします。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。