BLOG

散乱光で見えない欠陥

散乱光で見えない欠陥というのは、

元々極めて小さいものなので

重大なクレームにはつながらないと考えるのが自然です。

 

しかし実際にユーザー様からの御要望としてあがるのは

「細い傷」や「浅い打痕」なども漏れなく検出したいというものです。

 

そうなってくると、暗視野(通常箇所は黒色でNG箇所は白色)で

検査することを考えます。

 

しかしNG箇所だけ光があたって白くなるような

検査に適した箇所は非常に狭いものとなります。

 

検査範囲が狭くなるということは、

照明とカメラを固定させて、ワークを移動させながら検査する

あるいは

ワークを固定させて、照明とカメラを同時に移動させて検査する

 

この検査回数が増えるということです。

 

そうなると、タクトタイムが合わず

メカの機構が複雑になり、

予算が足らない

 

だから人がやった方が良いという結論になることが多いです。

 

私も一スタッフとして、お客様の要望に真摯に向き合っていますが、

何度か同じことを繰り返している感じもあります。

 

外観検査の自動化を考えている方は、

遠慮なくお問い合せください。

 

結論は早めに出された方が、その後時間を有効に使えます。

 

お問い合せページ

お問い合わせ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。