BLOG

自動位相合わせ全周検査 動画アップしました

ピンポン方式は、供給排出を人が行うことで

低コストで作業者の負担を軽くしながら、

検査は確実に行うという

目の自動化

です。

基本的には1面だけに絞って

2~4倍の高速化検査を実現しています。

 

側面について検査したいというニーズも当然あります。

一つの回答として、

上部のカメラで位置を確認して、

検査開始位置を自動補正する

自動位相合わせ全周検査

をご紹介します。

 

先日の2017画像センシング展でも出展したものです。

動画をアップしましたのでご覧ください。

参考動画

 

側面の検査をより効率的に行うことが可能となります。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。