BLOG

ピンポン方式 × ロボット × 特殊照明(凹凸検出用) 動画アップしました

先日の画像センシング展2017での展示品の動画をアップしました。

参考動画

この特殊照明を使用しますと、

光沢のある被検査物の表面の微細な凹凸の検出について、

被検査物に映り込んだ点光源のパターンの変化により、

良品でない箇所(NG)の検出が容易になります。

 

ただし色の違いなどのNG検出を考えた場合は

散乱光を用いた方がよいため、照明条件の切替が必要です。

 

ハンドリングは多関節ロボットを用いています。

ロボット利用は繰り返し動作に優れている長所はありますが、

タクトタイムが長くかかること(人がやった方が速い)

ロボットティーチングが手間(慣れている方がいれば別)

などユーザー様によっては、短所となりかねません。

 

ハンドリングは人が行うという方法もありです。

 

投資効果を最大にするのが目的ですので、

ユーザー様の状況・被検査対象物に応じて最善策が変わります。

よりよい機器・方法を組み合わせてご提案させて頂きます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。