BLOG

FIS-100が得意な領域

チャート

外観検査を考える上で、

製品の特徴により、適切な検査方法が変わります。

 

縦軸に「安定か不安定」

横軸に「単純か複雑」

を取った場合、

 

FIS-100が得意とする領域は、

図の水色の部分

他の良品と同じかどうか?

です。

製品の外観が安定していれば、

単純でも複雑でも

この方法でいけます。

 

製品の外観が不安定であれば、

推測される良品と同じかどうか?

ということで、

良品を推測してやる必要があります。

FIS-100のオプション機能(タッチアップ検査)で

対応できる場合もあれば、

カスタムで開発が必要になる場合があります。

 

複雑で不安定なものは、

その製品の特徴的な部分に絞って

検査するより他ありません。

特徴量が良品と同じかどうか?

この方法がベストです。

この場合もFIS-100では対応しておりませんが、

少しの開発で対応できる場合もあります。

 

是非ご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。