BLOG

ワーク・ディスタンス

lfr_01.jpgLFR

 

検査装置の導入にあたり、多種多様なワークを1台で検査したいというユーザー様は多いです。

しかしワークの高さが変われば、ワーク・ディスタンスが変わり、フォーカス(焦点)が合わなくなったり、分解能が落ちたりする問題が出てきます。

ワーク・ディスタンス(WD)とは、「ワーク」と「カメラ」の距離を言います。

WDがおおよそ一定でないと、検査結果に違いが出てしまいますので注意が必要です。

 

「ワーク」と「照明器」の距離を示すライト・ワーク・ディスタンス(LWD)も同様です。

ただし拡散光であれば、LWDが多少変わってもそれほど画像に変化は生じません。

 

低コストで検査装置に汎用性を持たせたいということであれば、WDとLWDを一定にする仕組が必要です。

 

品種に応じて

カメラと照明器を移動させるのか、

ワークを乗せる治具で高さ調節するのか、

 

ハンドリングの手間を減らすことを考えて

検査するワークを絞るのも得策です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。