BLOG

事前のデモ機評価について

過去に外観検査にトライした経験が無い方は、

この業界がどういうものか当然分かりません。

 

それはやむを得ないことなので、

お話をいただいた際は、都度説明させて頂いております。

 

実際のところ、NGサンプルをお預かりすれば、

ある程度は「画像上検出できるかどうか」評価は可能です。

 

しかし、その後が中々進まないというのが実態です。

 

次から次へと見たいNGが出て来たり、

多品種対応を求められたり、

そうすると照明条件やメカの仕様が中々決まりません。

 

そういう理由もありますが、

絶対に検査できるという確証が持てない

というのがこの業界の厳しいところです。

 

導入してみて使えなかったというのが

最悪の結果

 

そして実際にその最悪の結果が多いのです。

 

そういう不幸を避けるために、

出来るだけ事前にデモ機をお使いいただいて、

ユーザー様に評価して頂くこと

このステップが鍵となります。

 

無用なリスクを避けるためにも、

デモ機を借りることが出来る画像検査機メーカーを選ぶのが得策でしょう。

そして出来るだけ実機に近い形が望ましいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。