займы онлайн
BLOG

照明メーカーへお願い

次に照明メーカーにも。
FlexInspectorへの評価依頼は多岐にわたり、当社の業務は主に「照明の選定」になりつつあります。
多くのメーカーが品揃えを競っていますが実際に役に立つ照明は「ほんとうに」わずかです。
理由として、
1)「欠陥のコントラストを上げる」というコンセプトであるため、多種多様、予期不能な欠陥に対処できない。
2)欠陥の「相対的な」コントラストは上がっても、製品が安定して同じ画像にならないという問題がある。特に固定的な二値化レベルを用いる方法では致命的である。
3)照明単独で明るさ分布を論じても、レンズを通せばレンズの問題があり一様にはならない。もっとも「一様」を期待する画像処理のやり方に問題があり、FIのやり方では「一様」は要らない。「一様」でないことにより見える欠陥もある。
4)「目視検査の代替」が目的であるならば、できるだけ目視のイメージに近い画像が得られる照明器であるべき。「色」を使えば特定の欠陥は見えるようになるかもしれないが、失う情報も少なくない。
などなど。
ほんとうに力がある照明器メーカーならば、品揃えの豊富さを競うのではなく、「基本的にコレかコレ」ぐらいに集約して提案して欲しい。多くの目視検査の現場は「蛍光灯1本あれば事足りる」ですから。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • masa
    • 2006年 10月 23日

    >多くの目視検査の現場は「蛍光灯1本あれば事足りる」
    確かに目視検査の場合、蛍光灯の光でいろんな欠陥を探すことができますね。
    人間の目で検査する場合と、カメラを使う場合とでは何が違ってくるのでしょうか・・・?
    毎日同じモノを検査していると、自然と欠陥の見えやすい角度に傾けています。
    人による検査は、欠陥が見やすい角度にワークを傾けることにより検出能力が高くなっているのですかね。
    「なんでもこいっ!」ってな照明ってないですかね?

    • yamada
    • 2006年 10月 24日

    >人間の目で検査する場合と、カメラを使う場合とでは何が違ってくるのでしょうか・・・?
    >毎日同じモノを検査していると、自然と欠陥の見えやすい角度に傾けています。
    >人による検査は、欠陥が見やすい角度にワークを傾けることにより検出能力が高くなっているのですかね。
    違いは、
    1)目視検査には「手」がある。
    2)目視検査は単一の画像で判断するのではなく、連続画像の中での変化も見ている。
    という点でないかと思います。
    そう考えると照明だけで論じても答えはなく、照明、画像検査アルゴリズム、ハンドリングをセットにした「システム」で考えないといけないのではないでしょうか。