займы онлайн
BLOG

広報の力

新聞やネットを見ていると「〇年〇月までに商品化」というものを頻繁に見かけます。

特にネットが普及し、容易に「広報」ができるようになったことは誰もが認めるところかと。

 

ただ技術開発も担当する身とすれば「怖さ」を感じます。

まだほんの「芽」に過ぎないものを、気軽に発表してしまう。

それに対して技術屋は責任をもたなければいけなくなる。

実現が容易なものならいいのですが、高度化してしまった今となっては極めて困難。

現場は大変なことになっているんだろな。

 

私の感覚では、期待を煽るとロクなことがない。

現物を提示し、現物を評価してもらい、現物を売る

その基本は間違えてはいけない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。