займы онлайн
BLOG

「測定値に対する良否判定」

考え方は単純明快で
複数の正常値をサンプリングすることで、統計的に「正常値の範囲」を決定。その範囲に入っていれば正常、そうでなければ異常。
というもの。
FlexInspectorでは2次元配列に対して処理していますが、一般的に「測定値に対する良否判定」に転用できる考え方です。あまり聞いたことはないですが・・・。
使えそうなところなど、いくらでもありそうです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。