займы онлайн
BLOG

2014関西機械要素技術展を終えて

3日間の展示会が無事終わりました。ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。

正直、「もう少しドカンと行くかな?」と思っていたのですが、知名度の問題、見せ方、場所の問題があり、
気付いていただけなかった感じが「かなり」あります。

気付いて、じっくり見ていただいた方には概ね好評だったと感じています。
特に以前からの知り合いの方々には「ここまでやってきたか!」と驚きのコメントをいただきました。

今回、「いつもの」横浜から、初めて関西での出展を行ないました。

ところ変われば、皆様から伺う「現状」が変わるかと期待もありましたが、
「ほとんど変わらない」感じでした。「相変わらず」です。

ただ「目視検査基準の見直し」への取り組みが始まっているという話もいくつか聞きました。
「我が意を得たり」です。

10年以上、この業界にいて、いろいろなことを考えてきました。
すでに自分の中にはある程度の答えがあり、裏を取っている段階です。

一番厄介なのは、現状の「目視検査基準」の多くが、
「訓練された検査員へのヒアリング」に基づいて作成されたものであり、
それが機能的に問題であるかどうか、クレームになるかどうかは関係無く、
「少しでも何か見えればみなNG」のような基準になっている感じがします。

そのため自動化しようにも、壁が高くなりすぎている状況では、ほぼうまくいかない。

ただ導入して運用できている現場では、それが多少検出能力が不足していたとしても、
目視検査に比べ、「安定して」「それなりの検出能力で」「全数検査」するようになるから、
効果が出てくる。

重欠陥が流出しないためにクレームは激減する。
検査が緩くなっているから、目視検査より良品率が上がる。

問題は、運用するために「スキル」がいるため、投げ出してしまう事例も少なくないこと。
運用をやめると、失敗した結果だけしか残らない。
そして次のチャレンジができなくなる。

ただ最初から「壁を低く」とは、たぶん誰も言い出せない。

検査装置でどこまで検出できるのか、それが許容できるのかを検証するサイクルを作るしかない。

そういう目で見ていただけると、FlexInspector-ROBOの本質が見えてくるのではないかと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。