займы онлайн
BLOG

検査速度の考え方 5

実際に弊社のソフトウェアFIS-100が検査に要する時間というのは、

使用するカメラの解像度や、検査範囲の大きさ、OKかNGかでも変わってきます。

 

基本的に処理する画素数が多いと時間がかかります。

 

よく使用する130万画素のカメラでいくと、

通常時は10ms(1/100秒)、NG時で20~50msという感覚です。

100ms(1/10秒)を超えるようなことは、ほとんど経験がないです。

 

というわけで実際は

ソフトウェアよりもハンドリング(機械装置)のタクトタイムが問題となってきます。

 

このハンドリングが曲者で、人がやった方が速い場合が意外と多いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。