BLOG

一台のカメラで上面と側面を検査 その3

ハイパーテレセントリックレンズを試した際の画像をアップ

しておきます。

ハイパー条件

ハイパー画像

IMG_5754

リング照明を利用しております。

側面を映すためには、ワークディスタンスをかなり狭くしないといけません。

そうすると天面に光が回っ来ないので、

側面は明るく、天面は暗い画像になります。

 

側面の黒点は結構目立ちますし、

検査できそうです。

 

ただ天面の画像はやっぱり暗いです。

 

この手の特殊光学系を使用する場合は、

照明の選定とワーク・ディスタンスがどの程度になるか

また

検査に適したワークなのか?

 

その辺りの事前の見極めが必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。