BLOG

一台のカメラで上面と側面を検査 その5

オプトアート(オプトエンジニアリング)の

360°特殊光学系 PCCDシリーズ PCCD012をお借りして

テストしました。

以前にお借りした同社のペレセントリックレンズに比べると、

コンパクトで、かつワークディスタンスを大きくとれ

撮影アングルも最大約45°と広角で側面を捉えることができました。

 

使用感はとてもよかったです。

 

パンフレットにも記載されていますが、

・薬の容器

・プラスチックキャップ

などに使用できそうです。

 

ネジについては、位相がありますので外観検査用途では難しいかと思います。

 

ワークサイズは、最小Φ7.5×5mmD ~ 最大Φ25×17mmD

となっています。

 

ただ他の照明と同様に、どうしても天面が暗くなりがちです。

照明を工夫する必要があります。

ボトルキャップ0

ボトルキャップ2

ボトルキャップ

 

ネジ2

 

ネジ1

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。