займы онлайн
BLOG

「現場」に聞いてみましょう

「照明器が決め手」といわれますが、どうすれば見やすいか最も分かっているのは、現場の目視検査作業者だと思います。おそらく相当なノウハウを持っているのではないでしょうか。
目で見やすければ、カメラでも見やすい。
違う点は
・動かしながら見ることは難しいため、「一発撮り」しないといけない点
であり、
・動かす中で、ある角度でたまたま光った欠陥を「安定して」見つける
ということは難しいということ。
重要な点は
・同じものを撮像したら同じ画像になること
・欠陥部が画像上で確認できること
・十分に明るいこと
です。
要は「LEDに固執すると道を誤る可能性がある」ということです。
無理にLEDにしなくても身近にあるもので試してみるのがよいと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。