займы онлайн
BLOG

「自動外観検査」という魔物

「自動外観検査」に対するニーズは、いまさらマーケティングをする必要も無く、
とんでもない量が存在します。
自動化が進む工場において唯一、自動化が遅れている領域だと思います。
そのため「ビジネスになる!」と新規参入を考えている方も少なくないと思います。
ただ・・・そんな甘い世界でないのは確実です。
まず、外観検査自体、あまりに主観的であることを意識する必要があります。
よく「仕様書で責任範囲を明確にすれば大丈夫」という方もいます。
しかし経験してみればわかるのですが、仕様書なんてなんの効果もありません。
必ず「仕様書外」が出てきます。あくまで主観ですから。
流血覚悟で頑張ってとことん付き合うのか、仕様書を盾にして突っぱねるかは自由です。
さらに「コスト」の問題。
外観検査は人ができる作業だから、人海戦術でも対応取れます。
だから自動化が進まなかったのでしょう。
「いいものができたから数千万で売ろう!」と思っても、その価格帯には
ニーズはほとんどありません。
あるのは「数百万」の価格帯。ちょっと開発費をかければすぐに赤字事業に
なってしまうことは確実です。また現地調整の費用をしっかり見ておかないと
とんでもないことに・・・。
そして過去の失敗案件の山・・・
ほとんどのユーザーがすでに一度はトライしている状況になってきています。
すでに「うまくいかないもの、何か怪しいもの」という認識が急速に広まっています。
そんな中で「ちょっと違う」程度のものを持っていっても、新規開拓は難しいでしょう。
ユーザーの方が経験豊富というパターンがかなり多くなっている中での
営業活動は、相当なスキルのある人でないと難しいと思います。
「どうしても!」というなら止めませんが、
ユーザーに迷惑をおかけしないようにお願いします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。