займы онлайн
BLOG

HALCON10周年記念祭

30日に横浜であったHALCON10周年記念祭に行ってきました。かなりの人数の方が参加しており、HALCONに関わる人がこんなにたくさんいるのかと正直びっくりしました。

内容も、見る人によっては非常に面白いものであったのではと思います。

が、私的には「イマイチ」の感が。

  • 技術的に見て新味に欠けた点。
  • 私があまり好きではない「計測」画像処理の話が多かった点。計測が必要な分野があることは理解していますが、「外観検査に計測は必要ない」が持論で。
  • 付き合いもあるのかもしれませんが、当社判断で「使ってはいけない」と判断している「あの」照明を堂々と推奨していた点。
  • ユーザー事例も切れ味が足りなかったような。あの場では限界があるのも分りますが。

ただユーザー事例でも、「使う人」に踏み込んだN社さんや実戦的なノウハウを漏らしたC社さんの発表は見るものがあったと思います。

MVTecからも今後の技術的なトレンドなども語られましたが、私的には今後10年の画像処理のトレンドは、

  • いかに簡単に使えるものにするか。今後の高齢化による人手不足を緩和するためには、現場で使いこなせるものにすることが必須。
  • 検査自体の品質を上げる。すべての欠陥が見つけられなければ(外観検査装置として)投資効果は出ないことに気づくべき。
  • 比較検査法(およびそれに準じる方法)は外観検査としては必須の機能になる。

でないかと。結局、FIだったりしますが・・・。

#ちなみにこのブログの日々の平均来訪者数は200~250人ぐらいです。
#これを多いと見るか少ないと見るか。
#ただ確実に「芽」がでてきているような気がします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。