BLOG

セットメーカーと自動外観検査

外観検査装置のニーズは非常に高いものがあります。
自動化が進む工場の中で、未だ遅々として自動化が進まない領域であり、
「ほんとうに投資効果があるならば」すぐにでも、という話はたくさんあります。

そうなると「設備」を受注したいセットメーカー(設備メーカー)は、画像検査技術を売りにして、
検査設備を受注したいと考えるのは自然です。

しかし、手を出さない方がいいと思います。

まず「終わりの線引きができない」点。
仕様書どおりに動くことも稀である上、仕様書どおりにできたとしてもどんどんイレギュラーが発生します。
「仕様書に書いてないから」で逃げますか?
それとも「もぐら叩き」に付き合いますか?

そして「コスト」。
外観検査は人海戦術でも対応できる仕事です。
それにかかる人件費と比較すれば、高額受注は難しいのではないでしょうか。
昔は「夢」を買ってくれるユーザーも多かったようですが、今は・・・。

受注すればするほど負の遺産が積みあがりかねません。

自動外観検査ビジネスを成り立たせる唯一の方法は、
「エンドユーザーさま自身による現物評価」しかないと思います。

ほんとうに検査できるのか? 何が問題になりそうか?
自分たちで日々の運用ができるのか?

それらをエンドユーザーさまに見極めていただいた上で、
ハンドリング部分をセットメーカーが受注するという形であれば、
皆が大きくリスクを回避することが可能になります。

「リスクを取らなければ進歩が無い」と考える方もいるかもしれません。
当社のスタンスは、
現物評価でOKを出していただけるように日々進歩させる。
リスクはエンドユーザーさまに負担させない。
というもの。
「フォローに追われない分、進歩が早い」というのが正しいかもしれません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。