BLOG

「自動外観検査装置」の値段

今までに様々な業界から引き合いをいただきましたが、
面白いことに検査対象が何であれ、お客さまの予算はほとんど同じです。
装置構成や難易度などはまったく関係ないことが多いです。
理由は簡単で「検査員が〇人減らせるから、投資効果から考えると・・・」で計算しているからです。
考えてみれば当たり前の話。
ただ・・・普通に考えれば、その予算内で実施することは至難の業だと思います。
何度も打ち合わせを行って・・・
高価なカメラや照明器を買い揃え・・・
一品一様でソフトウェアを作成し・・・
OKが出るまで現地調整・・・
トラブルが発生したら直行し・・・
構造的に商売として成り立つわけがないのです。
突破する方法はただ一つで
1)「現物」を提示する
2)「現物」を試して評価していただく
3)「現物」で問題ないと判断していただいたら販売する
しかないと思います。
これを可能にしているのが当社の強さかもしれません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。