займы онлайн
BLOG

全面を検査する

画像処理装置で全数検査しているのに、不良品が流出する理由。
画像処理装置では、カメラで撮像した画像において、事前に設定した箇所しか判定しません。

目視検査では、手に取る前からいろんな角度から見ます。そして無意識に全面を検査しています。

この差は、あまりにも大きい。
見ていないところに「とんでもない欠陥」が無いとは言えない。

だから不良品を流出させないためには、全面を見なければいけません。

そして全面を検査しなければいけません。
一部の寸法を測っただけ。

一部の部品の有無を判断しただけ。

一部の文字を読み取っただけ。

それでは目視検査の代替にはなりえない。
唯一可能性があるとすれば

「どこから見ても良品と同じ」かどうかを判断する。

これしか無いと思います。
もちろん、良品がいろいろな画像になるものは適用できませんが・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。