BLOG

品質検査で重要なこと

ここにある部品が有ります。
その部品は他のものと較べると、明らかに曲がっています。
しかし、その変形量は規格値からすると良品範囲です。

その部品を受け取ったら、あなたはどう思いますか?

そもそも規格値って何でしょう。良品範囲って何でしょう。

結局のところ、「すべてがバラツキなく仕上がっていること」が重要であって、
たかだか数点の測定値が、根拠のあいまいな規格値に入っているかを論じたところで・・・。
ましてその測定値の精度が高い、低いと論じたところで・・・。

モノの考え方まで変えてしまうのがFlexInspectorの恐ろしいところ・・・。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。