займы онлайн
BLOG

意外とニーズの多い「手置き」検査装置

ここのところ、手でセットしてカメラで検査するという「手置き」検査の引き合いが続いています。

おそらく普通の画像処理検査装置のイメージでは「コストと手間に見合わない」と思います。

しかしながら、

  • 汎用性が高いうえ、設定と調整が異様に簡単である。
  • 画像に写りさえすればほぼ100%検出できる
  • これらの操作性、検出能力を事前に確認できる
  • システムでのコストが200万以下
  • ノートパソコンベースとすることで可搬性のあるシステムも構築できる。

となると状況が変わります。

うまく機能すれば「誰がやっても安定した製品検査ができる」わけですから、視力が低下した高齢者の方でも大丈夫ですし、「手」は潤沢な海外で、というのも可能性がでてきます。

「検査業務請負業」 なんてのも成り立つかもしれません。FI方式であれば自社で手がけてもいいかも。(画像検査装置を作っているメーカーの社内生産ラインでは、やはり・・・。かな?)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。