займы онлайн
BLOG

高い検出能力

FlexInspectorBasicは、既存の画像処理検査と比べて、
1)画素単位で二値化レベルを持ちます。既存のものは「領域」に対して二値化レベルを持ちます。画素は画像処理では最小の単位であり、「画素単位」は究極の形です。
2)二値化レベルは、複数の良品画像を登録することにより、統計的に最適な値を自動で決定されます。結果として、従来の画像処理で悩みの種だった二値化レベルの調整は存在しません。また製品のばらつきの能力ギリギリに設定可能であるため、かなり高い感度を持ちます。
3)「二値化で面積」でない、グレイ値を活かしきる独自の評価方法を導入しています。このため画素数が少ないカメラを用いても、従来では考えられない判断能力を引き出すことが可能です。またこの評価方法により、目視検査との「感覚的な」相関性を高めています。
FlexInspectorBasicをはじめてご覧になる方は、きわめて簡単な操作性に驚かれる方が多いのですが、導入されている方の多くは「高い検出能力」がポイントになっているようです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。