займы онлайн
BLOG

FlexInspectorの可能性

1)いろいろなものが同じアプローチで検査できるため、工場内の画像検査装置の操作を統一できる可能性がある。
2)設定がきわめて容易であり、かつ、良品と同じものだけをOKとし良品と違うところをマーキングできるため、検査作業そのものの品質と効率をあげる可能性がある。
3)検査作業の品質が上げられるならば、海外生産で問題になることが多い「品質問題」をクリアできる可能性がある。ハンドリングは「手作業」、目視検査は「FI」。
4)立体感のある画像やカラー画像での検査も可能であるため、画像検査の適用可能範囲を大きく広げる可能性がある。
5)数年後には画像検査手法のデファクトスタンダードになっている可能性がある。
妄想だ、絵空事だと思われる方も多いかと思いますが・・・。
少なくとも私はこの可能性の実現のために動きます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。